フィリピンに家族を持つ男のブログ

Ano ba yan!

タガログ語の学習

タガログ語で文をつなぐ(接続詞)

更新日:

当記事では、フィリピン人がよく使うタガログ語の接続詞を紹介します。

フィリピン人も、英語で話しているときに、接続詞はなぜかタガログ語になっていることはよくあります。

数ある接続詞の中から、日常的によく使われるもの、まず最初に覚えたいものを10個選びました。

 

at/at saka】=and

at sakaは「あちゃか」と発音します。

同義語:tsaka/chaka

意味:そして、さらに、その上、その後、それから(順接を表す)

 

【例文】

Maganda siya, at saka matalino.

「彼女は美しい。さらに賢い。」

 

 

【baka sakali】=in case

意味:~するといけないから、〜するのに備えて(仮の条件を表す)

 

【例文】

Magdadala na ako ng payong, baka sakaling umulan.

「私は傘を持っていく。雨がふるといけないから。」

 

 

【basta't】=as long as

語源 スペイン語

意味:~する限り、〜すれば(条件を表す)

 

【例文】

Kahit mahirap, basta't masipag, ay aasenso.

「たとえ貧しくても、勤勉に働くなら、暮らしは良くなる。」

 

bastaを使った表現

Basta dumating ka lang.

「ただ来れば良い。何も心配はいりません。」

Basta ang alam ko(私が知っている限りでは、私が知っているのは)

Basta ang alam ko, tama ako.

「私が知っているのは、私が正しいということです。」

Basta masarap, kakainin ko.

「おいしいものなら何でも食べます。」

Basta bayaran mo ako, gagawin ko, kahit ano.

「あなたが私に支払う限り、私は何でもする。」


bastaは【間投詞】にもなります。

そして、文脈に応じていろいろな意味で使うことができる言葉です。

意味:要するに、つまり、なんでもいい

Basta, mag-ingat ka.

「とにかく、気をつけて。」

 

【こちらの記事もあわせて読まれています】

【BASTA】意味と使い方

 

【dahil】=because

意味:なぜなら、理由は〜だから(理由を表す)

 

Bakit~?(なぜ〜?)に対する返答は、Dahil〜で答えます。

【例文】

Bakit bumili si Juan ng dilaw na mangga?

「フアンはなぜ黄色いマンゴーを買ったのですか?」

Dahil matamis ang dilaw na mangga.

「黄色いマンゴーは甘いからです。」

Lalo siyang nabalisa dahil sa balita.

「彼の不安は増した。その知らせのせいで。」

 

口語では”Dahil"よりも、”Kasi"の方がよく用いられます。

 

 

habang】=while; during;as long as

同義語:samantala

意味:〜している間に

 

【例文】

Habang siya'y natutulog

「彼が寝ている間に」

 

【kasi】=because

同義語:dahil

 

kasiとdahalの違い

dahil がformalで、kasi がinformal。状況に応じて使い分けよう。

 

意味:〜だから(理由を表す)

 

【例文】

Nag-taxi ako kasi umuulan.

「雨が降っていたので私はタクシーに乗った。」

Pasensya na at late ako, ang dami kasi ng kinailangan kong gawin.

「遅くなってすみません。たくさんしなければいけないことがあったので。」

 

 

【kaya】=so; therefore

意味:だから(結果を表す)

 

アクセントの位置に注意! 「〜できる」のkayaと「だから」のkaya

kayaにはもう1つ、「〜できる」という意味もあります。この2つは、明確に発音で区別されます。

どの音節に強勢を置くかが重要です。

kaya(〜できる)

kaya(だから)

 

【例文】

Marami siyang ginawang trabaho kaya pag-uwi niya'y nakatulog siya agad.

「彼はたくさんの仕事をしたので、家に着くとすぐに彼は寝ました。」

 

ほかにも、色々な使用法があります。たとえば、

Kaya pala!

「それでか!」(あることの理由に、今気がついた時に)

 

Bakit kaya?

「どうしてそうなの?」

 

 

【kahit】=although; even though

意味:〜だけれども、たとえ〜でも、〜にもかかわらず(譲歩を表す)

 

【例文】

Gagawin ko, kahit di ko gusto. 

私はします。たとえしたくなくても。

 

 

【kung】=when;whenever

意味:①〜するとき(時、条件)

②疑問文をつなぐ

【例文】①の用法

Kung ikaw ay masaya, pumalakpak.

「幸せなら手をたたこう。」

【例文】②の用法

Alam mo na kung saan siya pumunta?

「彼女〔彼〕がどこに行ったか知っていますか?」

 

【o】=or

意味:それとも、もしくは

【例文】

Sasama ka ba o dito ka lang?

「あなたは一緒に来る?それともここにいる?」

 

 

para】=For; so; in order that.

語源 スペイン語

意味:〜するために、〜しようとして(目的を表す)

【例文】

Tumakbo ako para makaabot sa kanila.

「私は走った。彼らに追いつくために。」

 

 

pero】=but

語源 スペイン語

同義語:ngunit

 

ngunitとperoの使い分け

ngunitはformal、peroはinformal とされますが、多くのフィリピン人は日常的にperoを使います

ngunitは詩や歌に出てくることがあるらしいです。

たとえば、Tatlong bibeという童謡。

意味:しかし、けれども(逆接を表す)

【例文】

Mahal niya ako. Pero hindi ko siya iniibig.

「彼は私を愛している。けれども、私は彼を愛していない。」

 

その他の接続詞

はじめに覚えるのは上の10個で十分です。

ほかにも様々な接続詞がありますが、それらはフィリピン人でもあまり使わない、「難しい言葉」とされています。

たとえば、Althought(~だけれども)の意味で用いられるものとして、

bagamat / subalit

などがあります。

 

Copyright© Ano ba yan! , 2020 All Rights Reserved.