フィリピンに家族を持つ男のブログ

Ano ba yan!

文化交流

フィリピン人がよく使うジェスチャーまとめ

更新日:

当記事では、フィリピン人がよく使うしぐさ、ジェスチャーを紹介します。

 

フィリピン人は、顔の表情筋を動かしたり、さまざまなジェスチャーで意思を伝えることがよくあります。

 

フィリピン人のハンドサイン、ジェスチャー

眉を上に動かす

 

相手の顔を見て、眉を上にピクッと1、2度動かします。これを無言でします。

口は口角をやや上げると良いです。

最も広く行われているフィリピノらしいしぐさのひとつです。

 

「同意」や「オーケイ」を意味します。

 

眉だけを独立して動かす、というのはふだん使わない表情筋を使いますが、

フィリピノにとっては日常です。

年齢、性別を問わず、誰でもします。

 

また、道端で知り合いに会ったたときにも、相手としっかりとアイコンタクトをして、

無言で眉を動かすしぐさをします。

これだけであいさつになります。

 

慣れないうちは不器用にしかできませんが、くり返すうちに自然にできるようになります。

気がつくとくせになっています。

 

道路でも眉を動かす

 

驚いたことに、車を運転しているドライバーもしばしばこれを行います。

歩行者が道を横断しようとしているときや、交差点などで、ドライバーが眉を動かすと、

「どうぞ。先に行ってください」という意味です。

 

余談ですが、フィリピンでは信号機や横断歩道などはほとんどありません。

 

それでどうして事故が多発しないか不思議だったのですが、

実は眉を動かすことで、相手とコミュニケーションをしているのです。

 

口をとがらせる

あなたが何か探しものをしていていて、フィリピノに「○○はどこにある?」と聞くと、

決まって、ある方向に向かって口をとがらせます。

この動作は無言で行われます。

 

口をとがらせた方向のどこかにある、ということなのですが、

漠然としすぎていて、

「え?どこ???」となるでしょう。

 

どこにあるかわからないので、もう一度、同じことを聞いてみると、

また無言で口をとがらせます。

あきらめて自分で探しましょう。

 

こうしているからと言って、これからあなたとキスをしようとしているわけではありません。

 

 

相手の手の甲を自分の額につける

 

相手の手をとり、自分の額に手の甲を1〜2秒間つけます。

年長者に対するあいさつとして行われる、「マノポ」と呼ばれるフィリピン独特の動作です。

 

年長者を敬うことが大切とされているフィリピン社会では、子供のうちからマノポをするようにしつけられています。

マノポをしないと「常識のない人」と思われます。

参考記事

マノポについてはこちらの記事が参考になるので、ぜひチェックしてみてください。

【マノポ】フィリピン人のマナー、年長者への挨拶

フィリピン人のあいさつ「マノポ」

 

相手の手のひらを手のひらで打つ

 

手を頭ぐらいか、それより上に上げて、相手の上げた手のひらをパチンと打ちます。

これは、「ハイファイブ」と呼ばれます。

友人同士やオフィス、飲み会などの場面でよく見られます。

 

フィリピノが集まると、どんなときも、ジョークと「笑い」が絶えることがありません。

 

 

「プシッ」と強く息を吐いて人を呼ぶ

 

くちびるを閉じて、強く息をはくことで「プシッ」または「プスッ」という音を出します。

するどく上から下へ、手招きをする場合もあります。

 

少し離れたところにいる人を呼ぶしぐさです。

まるで動物でも呼ぶような感じがするので、私の彼女に「失礼ではないか?」と聞いてみたところ、「失礼」という答えでした(笑)

しかし、「親しい間柄なら大丈夫」とのことです。

 

私はまだやったことがありません。

 

 

親指と人差し指でL字

 

"LABAN" SIGN (Photo/Jay Morales)

 

親指を伸ばし、人差し指を立ててL字形を作ります。

このジェスチャーはフィリピン語のLabanを表し、「戦う」を意味します。

同様の形の、Loserという西洋文化圏のジェスチャーがありますが、

それとは関連がありません。

 

"LABAN"は、Lakas ng Bayan(People's powe = 人民の権力)の略語で、

かつて1978年に野党議員のベニグノ・アキノ・ジュニアが組織した政治連合の名前です。

1983年8月21日に、空港で暗殺されたアキノ議員の葬儀、

1986年のピープル・パワー・レボリューション(マルコス政権の暴力と選挙不正に端を発した革命)

で「ラバン」のハンドサインが使われるようになったという歴史があります。

 

 

両手を上げ、指で長方形をつくる

 

両手の親指と人差し指を使って顔の前あたりで長方形を作ります。

これは、「お勘定」という意味になります。

レストランなどで食事をした後に行うしぐさです。

 

 

親指と人差し指で輪をつくる

 

親指と人差し指で輪をつくると、「お金」を表します。

西洋の文化または日本だと、「OK」「問題なし」という意味でも使われますが、

フィリピンではお金です。

 

西洋文化圏と共通のジェスチャー

 

以上が代表的な、フィリピノのジェスチャーです。

このほかにも、スペイン、アメリカの植民地であった歴史があることから、

西洋文化圏と同じしぐさが定着しています。

 

こぶしを固く握って親指を立てる"thumus-up"

(良い、賛成という意味)

 

人差し指と中指を絡ませる"finger crossed"

(グッドラック、幸運を祈るという意味)

 

両手の人差し指と中指を折る"air-quotes"

(人の言葉を引用したり、皮肉を込めて言う場合に用いる)

 

などが使われています。

 

まとめ

 

今回の記事では、フィリピノの行う主なジェスチャーを紹介しました。

 

表情やしぐさは言葉以上に大きな意味を持つ、とも言われます。

ぜひこれらのジェスチャーを使ってみてください。

Copyright© Ano ba yan! , 2020 All Rights Reserved.