フィリピンに家族を持つ男のブログ

Ano ba yan!

食べ物の話

塩漬けアヒル卵のおいしい食べ方~フィリピン風

更新日:

当記事では、フィリピンでよく食べられている「塩漬けアヒル卵のサラダ」の作り方を紹介します。

 

適度な塩加減とトマト、玉ねぎがマッチし、
暑い気候でも食欲のすすむ一品です。

まな板とナイフさえあれば、
海でも、山でもどこででも簡単に作ることができます。

アウトドアでも活躍することでしょう。

 

塩漬けアヒル卵とは

「アヒル卵の塩漬け」は、
タガログ語でitlog na maalatと言います。

itlog 卵、maalat 塩っぱい
という意味です。

たいてい、区別するために殻が赤く色づけしてあるか、赤いセロファンで包んであります。

 

輸入食品を扱っている店に行けば買うことができます。

 

私は、錦糸町「やおしょー」で購入しました。

外国人が多い地域のスーパーマーケットやドン•キホーテでも見かけたことがあります。

 

錦糸町やおしょー

 

フィリピンのお店

 

itlog na maalat をWikipediaで調べてみました。

  • 塩水に生卵を浸し、時折かき混ぜながら1ヶ月程度寝かせて造る。多くは茹でて、ゆで卵状態にして、粥などと共に食べるが、生食する場合もある。
  • 中国では鹹蛋(シェンタン)、ベトナムではホヴィムォイ、タイではカイケムと呼ばれる。
  • 香港ではウルトラマンの目が似ているとして、ウルトラマンを俗に「鹹蛋超人」と呼ぶ。

 

材料と手順

【材料】

アヒル卵の塩漬け  2~4個

トマト       2、3個

玉ねぎ       適量

パティス 少々

 

「パティス」とは魚を発酵させてできる魚醤です。

 

パティスは鯖から出来ており、

タイのナンプラーとほぼ同じです。

 

魚の臭いがある調味料ですが、

フィリピンでは様々な料理に用いられます。

 

フィリピンでは、紫色の玉ねぎを使うのが一般的です。

 

なければ、日本で売っている通常の玉ねぎで構いません。

 

こちらが材料一式。

 

 

作り方の手順

 

① 卵の殻を剥きます。

殻が白身とくっついており、剥きづらいです。

② 卵を適当な大きさに切ります。

③ トマト、玉ねぎも適当な大きさに切ります。

玉ねぎは生のまま使います。

 

④ 材料をボウルまたは器に入れ、

パティスを少々入れてかき混ぜる。

出来上がり!

 

Kain tayo!(いただきます)

 

濃い目の塩加減がトマト、玉ねぎとマッチしています。

しゃきしゃきした食感もあり、とても美味しいです。

 

ぜひ参考にしてみてください。

Copyright© Ano ba yan! , 2020 All Rights Reserved.