フィリピンに家族を持つ男のブログ

Ano ba yan!

タガログ語の学習

Kumain ka na ba? ーフィリピン人の親しいあいさつ

更新日:

当記事では、タガログ語のKumain ka na ba?というあいさつについて解説します。

タガログ語で「もう食べた?」という意味です。

 

 

Kumain ka na ba?

最もよく使われるあいさつ

 

kumain ka na ba?は、フィリピンの家族や知り合い同士の、最もよく使われるあいさつです。

相手がお腹をすかせていないかと気遣う気持ちを示し、時間に関係なく使うことができます。

 

Kumain ka na ba?への答え方

 

答え方は、次のとおりです。

 

もう食べていた場合

Opo. Kumain na ako.

 

まだ食べていない場合

Hindi pa ako kumakain.

 

フィリピン人は食べることが大好きな国民です。

相手がお腹を空かせていることはよくないこととされます。

 

フィリピン人に食事を勧められたら

 

もし、あなたがフィリピン人の知り合いの家を訪れた場合、

Kumain Kana ba?と聞かれた後に、

「食事をしていきますか」と勧められることがあるかもしれません。

 

フィリピン人の場合、本当にあなたに食事をさせるつもりがあることもよくあります。

このような場合の礼儀正しい方法をご紹介します。

 

相手から食事などを勧められた場合は、まず、最初に断ります。

もちろん、最終的には「いただく」というつもりがあったとしても、まずは一度、断るのです。

 

タガログ語(フィリピン語)では、「どうぞお構いなく」を下のように言うことができます。

 

Huwag ka nang mag-abala.

Huwag na kayong mag-abala.

Huwag na lang, salamat.
(No, thank you.)

 

勧められた側は一度は断るのですが、

申し出た側は再度、勧めます。そのときに言う言葉は

Sige na.

 

sigeは「どうぞ」「いいですよ」、naは「すでに」という意味です。

 

このように繰り返し申し出をされたらはじめて、

Sige, salamat.

と言って好意を受け入れるのが、礼儀正しいと考えられています。

 

まとめると、

「相手の申し出を1回断る」

→「Sige na.で再度勧める」

→「Sige, salamat.で申し出を受け入れる」

というステップを踏むということです。

 

また、フィリピン人は人に何か物をもらったり、何かをしてもらったりすると、

I'm shy.

(恥ずかしい)

と謙遜感情を表します。

 

そうは言っても、最後はきっちりと受け取ります。

 

●Sigeの使い方については、「あいずち」の記事でも紹介したので、ぜひチェックしてみてください。

タガログ語であいづち

 

Kumain ka na ba? まとめ

今回の記事は、

①kumain kana ba

②フィリピン人に食事や飲み物を勧められた際の対応を紹介しました。

 

これを知っておくと、フィリピン人から何かを勧められた場合、もしくはフィリピン人に勧める場合の対応の仕方も理解することができます。

今回の記事はここまでです。

Copyright© Ano ba yan! , 2020 All Rights Reserved.