グリーンマンゴーにバゴオンをつけて食す

マンゴーといえば、黄色くてあまーい果実をイメージしますよね。

一般的には日本では、完熟のマンゴーが好まれています。

 

ところが、マンゴーの本拠地であるフィリピンでは、

熟したマンゴーだけではなく、まだ緑色の熟していないマンゴーがよく食べられています。

 

どちらがおいしいかは個人的な好みによりますが

私はあえてグリーンマンゴーに軍配を挙げていきたいと思います!

 

そこで当記事では、すっぱいグリーンマンゴーをおいしく食べるフィリピン式の方法を紹介します。

 

 

グリーンマンゴーは固くて酸っぱい

 

グリーンマンゴー

 

タガログ語でグリーンマンゴーは、

マンガンヒラウ、Manggang Hilaw と呼ばれています。

 

日本ではアジア食材を売っている店や、

フィリピン人の多い地域のスーパーマーケットなどで買うことができます。

 

緑色で、触った感じは固いです。

 

 

グリーンマンゴーは3枚に下ろす

 

マンゴーを切ったことがない方のために、切り方をレクチャーしたいと思います。

 

マンゴーは真ん中に平べったい種があります。

種と平行になるようにナイフを入れるのが上手に切るコツです。

 

要は、魚を3枚におろすときと同じ要領です。

 

3枚におろした後は、スプーンやナイフを使って皮と果肉を分離します。

 

種のまわりについている果肉もナイフなどで切り分けます。

食べやすく短冊状に切るのが、おすすめです。

 

 

 

グリーンマンゴーにバゴオンをつける!

 


Barrio Fiesta SAUTEED SHRIMP PASTE BAGOONG REGULAR 500g バリオフェスタ シュリンプペースト バゴーン レギュラー

 

フィリピンではこれにバゴオン bagoong という調味料をつけます。

 

バゴオンとは、フィリピン料理で使われる調味料で、

オキアミをソテーしてペースト状にしたものです。

ご飯にそのままつけて食べたりすることもあります。

エビの塩辛とか、佃煮的な感じですね。

 

マンガンヒラウはそのまま食べると、めちゃくちゃ酸っぱいです。

 

ですが、バゴオン旨味がいい具合にマンゴーの酸味と重なり、

不思議なほどマッチしてます。

 

マンゴーにバゴオンという組み合わせは、抵抗ある方がいるかもしれません。

しかし、「食わず嫌い」をせずに食べてみてください。

意外においしいので、気づくと手が止まらなくなります。

 

どうしてもバゴオンが苦手だという方は、

砂糖と少量の塩をつけて食べると酸っぱさが緩和されて良いのだそうです。

 

グリーンマンゴーは妊娠するとほしくなる

 

グリーンマンゴーは、フィリピンでは妊娠した女性が食べたくなる食べ物とされています。

 

「妊婦が特定の食べ物を無性に食べたくなる現象」を表すタガログ語があり、

lihi リヒ といいます。

 

女性が妊娠すると、それ以前までは大好物だったものを見るだけで吐きそうになったり、

逆に突然、トマトやジャンクフードが食べたくなるという現象があります。

体内のホルモンバランスの変化が関係しているという説もあります。

 

フィリピンでは、彼女や奥さんから「グリーンマンゴーが食べたくなった」と言われたら、

妊娠したと思う男性が多いみたいです。

 

今回の記事は、すっぱいグリーンマンゴーの食べ方を紹介しました。

バゴオンはamazonでも注文できます。下のリンクからどうぞ!

 


Barrio Fiesta SAUTEED SHRIMP PASTE BAGOONG REGULAR 500g バリオフェスタ シュリンプペースト バゴーン レギュラー