フィリピンに家族を持つ男のブログ

Ano ba yan!

商品レビュー

フィリピンオリジナル、米ぬか美容オイル ORYSPAのレビュー

更新日:

当記事では、ORYSPAの米ぬか美容オイルを私が使った感想をまとめました。

 

フィリピンのオーガニック米油コスメORYSPA

米ぬかオイルの効果

 

フィリピンの米の生産量は世界8位、

国民は米が大好きです。

 

ジョリビーはもちろん、世界の中でもマクドナルドでメニューに米があるのはフィリピンだけです。

米の栄養の大部分は、米ぬか(と胚)にあります。

9割の栄養が米ぬかにあるといいます。

米ぬかは、タガログ語でダラック(Darak)といいます。

しかし、それは精米する際に捨てられるか、家畜の飼料にまぜられています。

ORYSPAは、この米ぬかに注目し、米ぬかから抽出されるオイル(米油)を原料にコスメ製品を開発しました。

米ぬかオイルには、抗酸化作用のあるビタミン(A、E)や各種のミネラルが大量に含まれています。

 

とりわけ、美容に効果のあるとされる

  • オリザノール
  • フィトステロール
  • オメガ3脂肪酸

を多く含んでいることが注目されています。

 

米ぬかに含まれる、美容成分オリザノール

紫外線の吸収を抑え、肌のくすみを抑える

フィトステロール(植物ステロール)

毛髪の保湿力を高める

オメガ3脂肪酸

肌の細胞の代謝をうながす

 

ORYSPAの製品の特長は、米ぬかから抽出される米油を使用していることです。

そのため、肌の細胞の再生を活発にして若さを保ち、色素を抑える効果が期待されます。

 

100%フィリピン産

 

ORYSPAの製品のもうひとつの特長は、100%フィリピン産であることです。

 

Proudly made in Laguna, Philippines

と、自国でつくられたものであることが誇り高く記されています。

 

 

ORYSPAというコスメブランドは、2010年、フィリピン・ルソン島のラグナ地方で生まれました。

ラグナといえば、フィリピン人にとっては「温泉リゾートのたくさんある場所」です。

ラグナと聞くと、みんな異口同音に「いい場所だよね」と言います。

フィリピン独立の英雄ホセ・リサールが、ラグナのカランバという場所でうまれたことでも有名です。

カランバは、マニラからバスで2時間ほどの距離にあります。

 

米油にかけた思い

 

創業者はラグナ出身のシェリル・キンターナ(Sherill Qintana)です。

キンターナは、米ぬかの可能性に注目しました。

農学者である夫とともに、米ぬかから取り出した米油をシャンプー、石鹸、ローション、香油、鎮静オイル、ボディスクラブなどに浸出しました。

 

最初の顧客は、化学物質を使用しないシャンプーや石鹸を探していた、がんの生還者たちでした。

 

ORYSPAという名前には、キンターナの思いが込められています。

ORYZA SATIVAはお米の学名、SPAは温泉です。

そこからの造語であるORYSPAは、

「温泉(スパ)のためのお米」という意味です。

 

鎮痛オイルを使ってみた

 

ORYSPAブランドのCHILI OIL

 

私はラグナにいる彼女から、ORYSPAのRICE BRAN CHILI OILという鎮痛オイルをもらいました。

 

手に適当な量を取り、顔、肌、痛むところなどにすり込み、肌に浸透させます。

 

腰痛、筋肉痛、関節痛、捻挫、リウマチ、神経痛、関節炎、首や肩のこり、頭痛、腹部の膨張、虫刺され

への効果が期待できるそうです。

 

スーッとする良い香りが心地よいです。

風呂上がりや寝る前などに顔や身体に塗ると、リラックスした気分になりました。

 

まとめ

 

今回の記事では、フィリピンのオーガニック米油コスメを紹介しました。

ORYSPAには鎮痛オイルのほかに、シャンプー、石鹸、ボディスクラブなどのラインナップがそろっています。

自分用にも贈り物にもおすすめです。

 

モールや、オンラインストアで買うことができるので、

気になる方はチェックしてみてください。

Copyright© Ano ba yan! , 2020 All Rights Reserved.