SHARING THE BREAD AN OLD-FASHIONED THANKSGIVING STORY

今回紹介する絵本は

SHARING THE BREAD  AN OLD-FASHINED THANKSGIVING STORY というタイトル。

作者はPat Zietlow MillerとJill McElmurry です。

 

 

19世紀アメリカのサンクスギビング

 

絵本はサンクスギビング(感謝祭)というアメリカの伝統的な祭日の様子を題材にしたものです。

 

はじめにサンクスギビングについて、ごく簡単に説明しましょう。

アメリカやカナダなどで祝われる祝日で、アメリカでは11月の最後の木曜日、

カナダでは10月の第2火曜日に祝われます。

 

アメリカではサンクスギビングの木曜日と翌日のブラックフライデー、週末の合計4日間は

学校や会社が休みになるところが多い。

 

家族で集まりディナーを食べること、七面鳥を食べること、

NFL(アメリカンフットボール)の試合を観戦すること、などが恒例です。

 

この絵本を読むと、19世紀のオールドファッションな感謝祭の夕食の準備が

どのようなものだったかを知ることができます。

 

一家が総出で役割分担をして、夕食を準備する様子が絵と詩で描かれます。

 

高いところにある深鍋をとる=お母さん担当

火を起こす=お父さん担当

パンの生地をこねる=お姉さん担当

たれをかけながら七面鳥を焼く=お兄さん担当

ベリーを煮る=おじいさん担当

カボチャのパイ=おばあさん担当

マッシュポテト=おばさん担当

アップルサイダー(シードル)=おじさん担当

 

リズミカルな韻

読んでいて楽しいのは、詩が歌のようにリズミカルで韻を踏んでいることです。

 

最後のページを引用します。

We will share the risen bread.

Our made-with-love Thanksgiving spread.

Grateful to be warm and fed.

We will share the bread.

 

すてきな声で朗読している動画がありました。

ぜひ聞いてみてください。

 

 

SHARING THE BREADで動詞を学ぶ

英語学習用の教材としてもすぐれています。

日常生活の中で使う動詞がたくさん出てきます。

 

【tend】火の番をする

Tend it so it’s blazing hot.

 

【knead】練る、もむ

Knead the rising dough.

rising dough は発酵したパン生地。

 

【line up】並べる

Line your loaves up in a row.

 

【baste】あぶるときに一定時間ごとにたれをかける

Baste the turkey well.

 

【raise】声を張り上げる

Now I’ll raise a hearty shout.

 

おわりに

この記事では、アメリカの絵本

SHARING THE BREAD  AN OLD-FASHIONED THANKSGIVING STORYを紹介しました。

ぜひ手にとって読んでみてください。

こちらのAmazonリンクから購入できます。