フィリピンに家族を持つ男のブログ

Ano ba yan!

食べ物の話

フィリピンの中華まん=ショーパオの種類

更新日:

フィリピンでも中華まんは大人気で、現地ではショーパオ(siopao)と呼ばれています。

日本の中華まんに比べてフィリピンのショーパオはボリュームがあり、1つでかなりお腹が膨れます。

ショーパオにはボラボラ(bola-bola)とアサード(asado)の2種類があります。

 

当記事では、フィリピンのショーパオを愛する管理人が、ショーパオの種類についてお話します。

では、詳しく見ていきましょう。

 

フィリピンの中華まん、ボラボラとアサドの違いを解説

 

ショーパオはどこで買えるか

 

まずは、こちらをご覧ください。

セブンイレブンのショーパオケース

マニラの空港のショーパオケース

 

フィリピンではいたるところでショーパオを買うことができます。

セブンイレブンはもちろん、モール、バスターミナルの近く、空港の中、などあらゆるところで売られています。

 

空港の中は少し高くて1個60ペソ、

セブンイレブンでは1個42ペソ、

バスターミナルの側の店では1個30ペソでした。

 

セブンイレブンでは、自分でケースから取り出してレジに持っていき、お金を払います。

 

フィリピンのショーパオの食べ方の特徴は、

茶色くて甘いソースをつけて食べることです。

ショーパオソースと呼ばれるものです。

 

ショーパオは具材の違いによって

ボラボラアサードの2種類があります。

それぞれ見ていきましょう。

 

アサードの具材

 

アサード(Asado)には細かく刻み、甘めの味で煮込んだチキンかポークが入っています。

 

アサードはスペイン語で、

「焼かれたもの」を意味します。

 

南米のパラグアイやウルグアイ、チリ、アルゼンチンでは伝統的な焼き肉の料理のことを「アサード」と呼びます。

 

フィリピンでは、ショーパオの中に刻んだ肉がはいっているものがアサードになります。

 

Ang sarap!(おいしい!)

 

茶色いソースをつけて食べる

アサードの中の具材

 

 

ボラボラの具材

 

ボラボラとは、団子(ボール)という意味です。

具の材料は、ひき肉、玉ねぎ、小麦粉、

そして塩漬けアヒル卵です。

 

ひき肉でミートボールをつくった後、塩漬けアヒル卵を加えるのが特徴です。

 

塩漬けアヒル卵はフィリピンでitlog na maalatと呼ばれている保存食です。

店で売られる時には卵の殻が赤く色づけされているのが特徴です。
 

 

【まとめ】ボラボラとアサード

 

まとめです。

アサードは、刻んだ豚肉か鶏肉を甘めに味付けした具材。

ボラボラは、挽き肉、玉ねぎ、小麦粉でボールをつくり、塩漬けアヒル卵を入れた具材。

という違いがあります。

 

フィリピンの肉まんショーパオは、ボリューム満点でおすすめです。

ボラボラとアサード、あなたはどちらの方が好きですか?

 

ぜひ試してみてください。

 

Copyright© Ano ba yan! , 2020 All Rights Reserved.