フィリピン【食べ物】

セブンイレブンで買った「豚まん」をフィリピン風に改造!!

こんにちは。

今回の記事は、日本にいながらにして、フィリピン感満載のsiopaoを作る方法です。

 

日本のコンビニで中華まんを買い、中の具材を全部取り出し、

自家製の具材に詰め替えるという、簡単なやり方です。

 

生地は自分で作る手間を省略できます。

フィリピンではショパウには必ずソースが付きますので、ショパウソースも作りました。

 

 

以前に、「フィリピンの中華まん、ショパウとは何か」を解説した記事を書きました。

まだの方は最初の記事をまずは読んでください。

フィリピンの中華まん~「アサード」と「ボラボラ」

 

 

siopaoが恋しい

 

今回、近所のコンビニで買った中華まんの具材を入れ替えるという、奇妙なことを思いついた理由を最初に述べます。

 

セブンイレブンで、中華まんのセールが行われていました。

「大入り豚まん」という商品があるのですが、1個213円(大体107ペソ)もします。

肉まん1個でこの値段です。

フィリピンに置き換えると、siopaoが2、3個買える値段です。

 

普段、コンビニで中華まんを買うことはないのですが、

たまたま50円引きでしたので、値引き率に釣られて購入してみました。

 

それが、こちらです。

 

持った感触は、ずっしり、どっしり。

それでもフィリピンのsiopaoと比べると若干小ぶりです。

siopaoはまず、とにかくデカい。それが第一印象です。

 

実際に食べてみたところ、生地はもちもち感があり、さすがという感じです。

 

ただ、中の具材に関しては、私が期待していた味とは相当異なりました。

 

 

左がセブンイレブンの「大入り肉まん」の断面、右が通常の「肉まん」の断面です。

 

大入り肉まんに関しては、豚肉とタマネギを使用しており、味付けは塩コショーベースです。

 

管理人には、コショーの味が強く、「あまり好みじゃない」と感じました。

フィリピンで食べたsiopaoとはまったく違います。

だったら、具材を自分で作って、大入り豚まんの生地に入れてやればいいじゃないか、と思うに至ったわけです。

フィリピンのショパウ

 

ショパウ(ポークアサード)の断面

 

この記事を書いている2021年2月現在の状況では、

フィリピンに出かけることは以前のようにはできません。

そういう中で、「フィリピン感を楽しむ方法」のひとつとして、みなさんにもシェアする価値があるかもと思い、

記事を書いてみることにしました。

 

siopaoの材料

 

セブンイレブンの大入り豚まんを使ってsiopaoを作る際の材料は、以下になります。

以下は大体、4個分の材料と考えていただければ良いでしょう。

管理人が料理をする際は常に直感、目分量です。

それをふまえて、下のレシピは参考程度に考えてください。

 

具材の材料

 

・豚肉のかたまり(細かく切る)

・タマネギ 半分ぐらい(みじん切り)

・ニンニク 2かけらぐらい(みじん切り)

・コーンスターチ(水に溶かしたもの)

・しょうゆ

・砂糖

・オイスターソース

・ホイシンソース(海鮮醤)・・・なくても可

・海鮮味覇・・・お好みで

 

※ 豚肉は、小さくカットするのですが、ゴロゴロとした塊がある方が良いです。

なので、薄切り肉ではないものを選びましょう。

私は、スペアリブ用の豚肉を買って骨の部分をはがして使いました。

肩肉でも良いです。

ちなみに、脂肪部分ははがして、ラード替わりに使いました。

 

※ コーンスターチは具材にとろみをつけるために用います。

ない場合は、片栗粉や葛粉などでも代用できます。

※ しょうゆ、砂糖はほぼ等量を入れました。

※ オイスターソースはしょうゆや砂糖よりは少なめに入れました。

※ ホイシンソースは中華料理に用いる調味料ですが、なかったので入れませんでした。

「海鮮」と名前にあるものの、海鮮は入っておらず、甘みそに唐辛子やニンニクなどをプラスしたものです。

長時間火にかけても焦げ付きにくい特長があるようです。

※ 海鮮味覇とは、味覇の青い缶のバージョンで、ベースはエビ頭の出しです。

たまたま冷蔵庫にあったので、思いつきでレシピに入れてみたものです。

 

ソースの材料

 

ショパウソースの材料はこちらです。

・水 1カップ

・コーンスターチ 大さじ1杯

・ブラウンシュガー 1/3カップ

・しょうゆ  大さじ3杯

・ニンニク 1かけら

・酢 大さじ2杯

 

 

手順(具材の作り方)

 

  1. フライパンにラード(または豚の油)を敷く。ニンニク、タマネギを炒める。
  2. 細かく切った豚肉を投入。色が変わるまで炒める。
  3. しょうゆ、砂糖、オイスターソース、ホイシンソースを加え、火を弱めて5分ほど混ぜながら煮込む。
  4. 水に溶かしたコーンスターチを加え、とろみがつくまで煮込む。
  5. フライパンから出して、「大入り豚まん」の生地に詰める。
  6. 完成。

 

 

 

 

 

 

手順(ショパウソースのつくり方)

 

次に、ショパウにつけるソースを作ります。

 

  1. ボウルに水、砂糖、しょうゆ、ニンニク、コーンスターチを入れてよく混ぜる
  2. フライパンを中火にかけ、酢を入れて30秒温める
  3. 1の混ぜたものを加え、とろみがつくまで2、3分温める
  4. 完成。siopaoにつけて食べる!

以上が、ショパウの具材とソースの作り方になります。

 

近くのセブンイレブンで、「大入り豚まん」を買ってきましょう。

この瞬間が、とてもワクワクして楽しみです。

 

準備しておいた具材と入れ替えれば、あっと言う間にフィリピン感満載のショパウができあがります!

ソースをつけて食べましょう。

 

豚肉は大きめにカットされており、ゴロゴロと入っています。

甘めの味付けで、うま味があり、食欲をそそりまくってきます。

これに酢、しょうゆ、砂糖、ニンニクのソースをつけて思いきりかぶりついてください。

おいしすぎて止まらなくなることは、私が実証ずみです。

 

右のお椀がショパウソース

 

まとめ

 

今回は、セブンの「大入り豚まん」を使って、フィリピンのショパウをつくる方法を紹介しました。

こんなに簡単にフィリピン感を味わうことができるので、やってみない手はないですね。

 

早く、現地に行けるようになることを願いつつ、今できることを見つけて楽しんでいきましょう。

それでは、今回は以上です。